【2021年3月最新】池上梅園の開花状況と紹介レポート

池上梅園は、都内でも有数の梅の名所で、約30種の梅の花が咲き誇ります。

都内では4つの主な梅の名所があり、羽根木公園650本 池上梅園370本 湯島天神300本 亀戸天神300本となっているようです。

今回は、池上梅園に観光しに行ってきましたので、紹介しますね。

見ごろと開花状況

梅の種類によって開花時期が異なります。早咲きのものは1月から咲き始めるものもあるそうですが、見ごろとしては下記にまとめました。

例年の梅の見ごろ
  • 見ごろ:2月下旬~3月上旬
  • 満開:2月終わり~3月初め

※気温によって多少開花状況が変わってきます。

現在の開花状況

3月4日現在のツイッターを見ると、ほぼ終わりとなっていますが、まだ咲いてはいるようです。

公式の開花状況は大田区のホームページで確認ください。

ライトアップ情報

毎年、池上梅園では夜になるとライトアップされますが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となっております。

池上梅園レポート

池上梅園に入園してすぐ梅が咲き乱れている坂があり、ここを上ることができます。

坂を上っていると梅との距離が近いため、梅の花のいい香りがしてきます

坂は急ではありませんが、体力がない方でも坂の上に休憩所がありますので、安心してください。

園内にはいくつか茶室もあります。池を有した小さな庭園もあり、梅の花と一緒に楽しむことができます。

枝垂れ梅や背丈の低い梅、ピンクや白の梅などたくさんの種類の梅が咲き乱れていて、とてもきれいでした。

みんなの口コミ、写真

基本情報、開園時間とアクセスなど

所在地〒146-0082 東京都大田区池上2丁目2−2番13号
電話番号03-3753-1658(池上梅園事務所)
アクセス・道案内【電車】
東急池上線池上駅下車徒歩約20分
都営地下鉄浅草線西馬込駅下車徒歩10分

【バス】
東急池上線池上駅から上池上循環外回り
JR五反田駅東口から川崎駅行き
JR大森駅山王口から上池上循環外回り
JR川崎駅から五反田行き
に乗車し、いずれも「本門寺裏」で下車 徒歩3分程度
定休日毎週月曜日 祝日の時は翌日(2月、3月は休園日なし)
営業時間9:00~16:30 入園は16:00まで
入園料大人100円、子供50円
駐車場梅園駐車場は6台のみ
公式ホームページhttps://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/ikegamibaien.html

まとめ

残念ながら、ライトアップは中止ですが、今年も370本約30種の梅の花はキレイに咲いており、9:00~16:30までは楽しむことができます。ぜひ行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です